絶対に覚えておいたほうがいい交通事故保険の特約

自動車の任意保険に加入する際には様々な特約を付帯させておくと良いです。

ニーズに合わせながら選んでいくことが大切になるのですが、最も重要になってくるのが弁護士費用担保特約というものになります。

弁護士特約とも言われているのですが交通事故が発生してしまった際に示談に向けての話し合いはもちろんのこと、その他にも調停を行う際や訴訟になったという場合に、わざわざ弁護士さんを探す必要がなく保険会社から弁護士費用についても一部または全額が出されるものとなっています。

誰にでも交通事故の被害者そして加害者になってしまう可能性がありますので、万が一のことを考えると、この特約は必ずといって良いほど負担させておいた方が良いでしょう。

家族のためにも様々な特約がある

自分だけではなくご家族が一つの車を使用する場合には、多くの特約があるので付帯させておくと良いです。

まずはじめに家族限定特約というのは対象となるドライバーが家族全員となります。

そのため配偶者であってもお子さんであっても、また親御さんであっても家族であれば保険の対象となります。

このほかに、ドライバー本人と配偶者を対象にした本人配偶者限定特約というものあり、このほかには、お子様が運転免許を取得する年齢になった際にもともと加入しているご本人以外に、お子様の年齢を個別に設定した上で保険に加入させることができるといった特約になります。

全員が同じ条件ではなく、お子様に関しては若い年齢の保険対象となるため、とても助かるご家庭も多いのではないでしょうか。

このほかにもファミリー傷害特約などもあり、さらには家族以外の第三者が運転した場合にしっかりと保証を受けることができるという内容で臨時運転者特約などもあります。

車両や持ち物に対しての特約

交通事故というのは自分自身が怪我をしてしまうだけではなく、車両そのものも大きな損傷してしまうことが考えられるので、車両保険に加入するという人がたくさんいるのですが、これだけではなく事故による破損が大きく、車に乗れないといった場合には、臨時で近くのビジネスホテルなどに宿泊するケースや公共機関を使用して帰宅することがあります。

このような場合に保証される特約として自己付随費用担保特約というものがあります。

このほか、車両の修理や新車との入れ替えによってしばらくの間代車を使用するといった場合には会社費用担保特約というものがあり、さらには、車に乗せていた様々な荷物を対象に保証してくれるといった特約もあります。

もちろんこのような特約はどのような荷物が対象になるのかをあらかじめチェックしておく必要がありますが、とても大切な物を載せるのであれば頼りになる特約といえるでしょう。

それから、誰かの車を借りて運転していた場合に、交通事故が起きてしまったというケースでは車の持ち主自身が他社の運転に対しての補償特約を付けていなければ非常に困るのですが、自分自身が加入する保険において他人の車を運転していても保証されるという担保特約があります。

このほか、車両保険の内容として一般的には廃車になってしまい、新車を購入するといった場合でも交通事故が起きた当時の時価によって最終的に保証される費用を掛けたりするのですが、車両新価額特約を付帯させることによって自分自身が新車を購入した際と同じ程度の保証を受けることができます。

またこちらの特約に関しては、それぞれの保険会社で条件が定められているといったケースもありますが、このように見てみるとこれは付帯させておいた方が良いと言うものも非常に多く、どのように日常的な生活において自動車を利用するのかによって付帯する特約内容をしっかり考えてから契約を結ぶようにしましょう。

もちろん契約を結んだ後でも特約を後から付帯させる事も可能です。

公開日: