交通事故は個室での入院も保証されるのか?

加害者が被害者に対して様々な保証を行うことで一般的に知られている交通事故ですが、被害者側として何か何までを請求して良いと言うわけではありません。

請求できる内容や金額には上限があり、そこはかとなく請求できるわけではありませんので、しっかりと把握しておかなくてはなりません。

交通事故の被害者になってしまった場合には大きな怪我をしてしまう可能性もあり、このような怪我で入院しなければならないということもあります。

その場合加害者側から保証されるので合同の部屋ではなく、個室を選んで入院したいと思う人もいるでしょう。

しかし独断で個室を選んでしまうと、その全てが加害者側から保証されるとは限りませんので、あらかじめ確認する必要があります。

加害者側から保証されるためにはそれなりの条件がありますので、このような条件に関してもしっかりと事前にチェックしておきましょう。

勝手に個室を選んでも保証されない

交通事故の被害者になってしまい入院が必要になった場合には医師が個室での入院を勧めるか進めないかによって、加害者側から保証されるかどうかが違ってきます。

たとえば顔面に大きな怪我をしてしまい、共同部屋に入院することで精神的にも大きな負担があると言った場合には医師側が個室での入院を勧めるケースがあります。

またその他一時的に意識不明となってしまう場合やあまりにも怪我の状態がひどく、大きく部屋では他の患者さんにも精神的に大きなダメージを与えてしまうと判断されるケースでは、個室での入院を勧められますが、このように医師が個室での入院を勧めれば、加害者側から保証を受けることができます。

また保証される期間に関しても医師がそろそろ共同部屋に移りましょうと言った際に被害者のわがままで個室による入院を続けてしまった場合には、医師が移りましょうといった段階で、それ以降は共同部屋での入院費をしか保証されず、個室での入院に対する差額そのものは被害者が自分で負担しなければなりません。

個室にも様々なグレードがある

大きな病院に入院をするといった場合には個室といっても様々なグレードが準備されているケースもあります。

シャワーやトイレのほか、テレビなどといった設備が整った個室もあればテレビ等で洗いのみでシャワー人にされていないといった個室もあります。

どのような個室を選ぶのかについてはあくまでも病院側の都合ということになりますが、例え最も高いグレードのお部屋での入院を勧められた場合でも、前述のとおり医師が勧めたのであれば保険会社または加害者側から保証を受けることが可能になっています。

医師が必要だと言っていて、個室での入院をしたにもかかわらず、保険会社が出し渋りをする場合には、弁護士を通じて保険会社はこうした部分まで保証しなければならないはずだということをしっかり主張してもらいましょう。

公開日: