自分に過失がなくても交通事故に遭えば保険料は高くなるのか

任意保険に加入していれば交通事故が起きてしまった際には、自分が被害者であっても加害者であっても助かることは間違いありません。

相手に保険に加入していない状態で交通事故が起きてしまえば加害者になった際には非常に大変な思いをしなければなりません。

また被害者になってしまった場合にも万が一加害者が無保険だった場合には自分の保険に加入していませんので、どこからも保証を受けることができなくなるといったケースもあります。

任意保険に加入していれば、最低限被害者になってしまった場合には怪我や入院に対して自分が加入している保険からも支払われる保険商品が近年では増えていますので、非常に多くの人々が保険に加入しています。

このような保険というのは特に事故が起きず、問題がなければ月々の保険料金なども変動することはありませんが、交通事故を起こしてしまい、自分が加害者になるとどうしても保険料が高くなってしまいます。

これがなぜなのかについて疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

保険会社の負担額が非常に大きくドライバーの信用も下がる

まず第1に交通事故の加害者になってしまったケースでは自分が加入している保険会社から被害者に対しての様々な保証が行われることになります。

ここで行われる保証というのはどのように考えても加害者がこれまで保険会社に対し支払っている保証料金は大きく上回る金額になりますから、このような部分で今後保険に加入していくのであれば、月々の保険料そのものは高くし、保険の等級を下げるといった形でこれまでよりも多くの保険料を保険会社に対して支払ってくださいという意味が含まれています。

当然ながら加害者になってしまうことがあれば保険等級が引き下がりますので、この部分で保険料が高くなってしまうのは仕方がないといえるでしょう。

また一度でも事故の加害者になってしまった人というのはどうしても今後の運転についても大きな信用を得るのは難しくなりますから、物理的に保険会社としてもドライバーを100%信用することができなくなるため、このような部分からの保険等級が下がり、最終的には保険料金が引き上げられるといった結果になります。

簡単に言ってみれば、保険会社に対しての迷惑料として保険料金が上がってしまうことや被害者に対して保険会社が支払った保証分のうち少しでも加害者本人が今後、保険会社に対し、保険料という形で支払いを続けていくといった認識でも良いでしょう。

過失割合によって保険料が変動するかどうかは違ってくる。

前述のように加害者になってしまった場合には多くの場合で保険料金も高くなるのですが、あくまでも過失割合によってこのような部分は検討されるため、加害者としての過失割合がはるかに大きい場合には保険等級も2つから三つ下がってしまうことになります。

しかし、被害者と加害者で、さほど過失に対しての違いはなく、過失相殺を行った上で加害者側がさほど悪くないと言う認識になれば、保険会社からの配慮によって等級も変わらず保険料金も変わらないといったケースがあります。

このあたりについては、最終的に保険会社が判断することになってしまいますので、加入者本人から等級を変えないでください。

とお願いしたり、保険料金を変えないでくださいとお願いするようなことはできません。

いずれも交通事故起こしてしまえばどうしても保険等級が下がってしまうといった認識を持つのはとても大切なことですので、しっかり把握しておいた方が良いでしょう。

また、上記の通り、加害者になってしまい保険等級が引き上げられたり、保険料金が高くなるということに納得がいかないため、弁護士に相談することがあっても、これは当然ながら加害者であるご本人が悪いと言われてしまうことがほとんどです。

それでもやはり今後を考えれば、任意保険に加入しておくのは大切なので、保険料が高くなってしまってもその分頑張って支払いながら万が一に備えておいた方が良いでしょう。

公開日: